スタッフインタビューINTERVIEW

Interview - 01
最初は大手志望だったのが、この事務所を見て変わった

PROFILE

近藤 怜KONDO REI

2019年の4月に入社し、笘原拓人税理士事務所に勤務して1年半が経ちました。
私は、高校を卒業する際に両親と相談し、手に職をつけようと決めました。その際、高校のときから税理士になりたいと思っていたこともあり、税理士試験の勉強ができる専門学校に通うことにしました。

専門学校を卒業したら、最初は大手の事務所に行きたかったんです。
それで、インターンシップも大手を経験させていただいていました。でも、学校で進路相談する中で、私のやりたいことを考えると「10人~20人くらいの規模のところのほうがよくないか?」「コンパクトなところで、いろいろな経験を積むほうが成長できるんじゃないか?と」アドバイスをいただき、少しずつ考え方が変わりました。
それで、笘原拓人税理士事務所を見て、所長と話をして、「ああ、こういう事務所がいいなあ」と、完全に考え方が変わった感じです。

この事務所を受けたのは本当にたまたまというか、私の実家が名古屋から少し遠いので、応募する事務所が立地的に限られていたんです。それで、立地の良いところを2~3受けて、採用していただけたこの事務所に入社しました。

<誕生日にケーキが出てきた>

この事務所のいいところは、みんなで助け合うところだと思います。
分からないことがあっても、だれも知らんふりとかしないですし、すぐに教えてもらえたり、一緒に考えて答えを出していけるので、すごく良い環境だと思います。いつもベテランさんたちを質問攻めにしています(笑)
中でも、やっぱり笘原の知識はすごいなと思うことしきりですね。

それと、これはたぶん、みんな言っていると思うのですが、とにかくアットホームで温かい事務所です。
遊び心満載というか……。私が一番びっくりしたのは、スタッフの誕生日に先生がケーキを出してくれたことですね。おいしいケーキを。そういったちょっとした心遣いがすごくうれしいなと思います。あと、面白いのはなぜかスタッフの誕生日は冬が多くて、冬はクリスマスもありますし、いつもケーキを食べている気分になります(笑)

<大手に比べ相対的に自分の影響力も大きいと思う>

この事務所で働いていて感じるのは、自分の裁量が大きいことです。
インターンでお世話になったような大手の事務所では、スタッフの数が多いので、良くも悪くも専門的な仕事や、経験で与えられる仕事が限られます。
でも、この事務所はそれほど大きいわけでもありませんし、先ほど話したようなアットホームな雰囲気もあって、自分に与えられる仕事の裁量も大きく、事務所全体の結果に与える影響も多いなと感じます。その分、責任も大きくなるのですが、それをやりがいと捉えて、自分の成長につながっていると感じます。

どちらかというと、僕は外に出て、お客様と話をする仕事が好きですし、新規のお客様を獲得していかないと僕の給料原資も増えないので、今はまだ税理士登録することが目標にはなりますが、早く新規のお客様に自分で営業できるようになりたいと思っています。

将来的には、事務所の中で自分がセミナーを主催して、お客様と契約できるようになりたいと思っています。そうしたことを言える空気感のある事務所ですし、やはり自分も税理士として恩返しをしたいと思っているので。

<事務所には小さな課題がいっぱい(苦笑)>

うちの事務所はすごくいいところだと思っています。すごくいいところだと思っているんですが……。
そろそろ手狭になってきている感じがしますね。会計事務所って、書類がいっぱいみたいなイメージがあるじゃないですか?で、うちはそんなことないですよって言えるといいんですが…… まさにイメージ通り、キャビネットがパンパンになっています(笑)所長に早く部屋を借りていただけるといいなと思っています。

あとは、営業車を洗車するといいなと思っています。
遠目にはわからないんですが、近くで見ると泥はねや水汚れが目立つので。そうしたことも、今は誰がやるのか決まっていないだけなので、私が率先して洗車する許可をもらったり、社内ルールを提案したりできるといいなと思います。いや、言ったからにはやらなきゃいけないですね(笑)(注:現在は洗車のルールも決まっています)

<大変なのは申告時期、それと……>

やっぱり会計業界の常といいますか、年始からの確定申告時期は忙しいですね。
これはもう、少しでも段取りよく、いかに効率的にこなしていくかを一生かけて学んでいくしかないかもしれません。

それと、お客様からの電話がとにかく多いのは驚きました。
どの会計事務所でもそうなんだと思いますが、イメージ的にはお客様からこんなに電話がかかってくるイメージはなかったので。もちろん、仕訳のことや決算の数字についてなどもありますが、給付金や助成金、補助金などの相談もあります。
例えば、助成金は社労士さんの分野ですし、こういった質問に対して、会計事務所で対応できるものも、できないものもありますが、幅広い知識を身に着けておく必要性を感じます。

<いろいろ経験し、オールラウンダーになれる事務所>

笘原拓人税理士事務所への、応募を迷われている方に僕が言えることは、「この事務所はとにかくいろんな経験ができますよ。」ということです。それは僕にとって良かったことの一つですし、会計事務所で成長したい方にはオススメできる点だと思います。

大手の事務所だと、どうしても専門的な仕事が多くなると思うので、それもいいんですが、最初はいろんなことを経験して、その中から自分の好きな分野や得意な分野を見つけて、磨いていくほうが自分には合っているように感じますし、そういった方はぜひ、笘原拓人税理士事務所に応募されるべきだなと。

あとは、本当に所長の距離も近いですし、すぐ相談にも乗っていただける環境なので、どんな所長なのか、応募する前にアポイントを取って、いちど会いに来られるといいかもしれません。

<ある日の一日>

7時 起床
7時40分~ 移動
8時50分 出社 掃除
9時 朝礼
9時10分~ 担当の月次作業を3社分 預かったデータの印刷や打込、アシスタントさんがやってくれた仕事のチェック
12時~ 昼休憩
13時~ 月次作業を再開 電話対応
18時 退社

\インスタグラムやっています/

Interview - 02
事情に合わせて勤務体系をつくってもらえた

PROFILE

河合 友佳KAWAI YUKA

私は、この事務所に入社して6年になります。
勤務体系はかなり変則で、税理士として働いているのですが、事務所には少なければ月に1回、多くても月に2~3回しか顔を出しません。

<一度はお休みしようと思った>

もともと、私も税理士資格を持っていて、所長の笘原と他の会計事務所で一緒に働いており面識はあったんです。別に、チームが一緒とか、仕事で絡むという機会はなかったのですが、そのときから「すごくできる税理士だ。」「すごくいい人だ。」という話を聞いていました。持ち上げすぎかもしれませんが、本当にそういう風に言われていたので(笑) そんな中で、彼のほうが先に退職して独立したんですね。
で、私もちょうど子供が小学校に上がるタイミングで、前の事務所を退職しようかと思っていたら声がかかって、こちらで働くことになりました。
とはいっても、さっきも言ったように、子供が小学校に上がるときで、私自身子供との時間をもっと作りたいと思っていたので、勤務時間の長い会計事務所で働くのはむつかしいと思っていました。

そうしたところ、所長がそうした事情も察してくれて、
・基本、事務所には月に一回、全体ミーティングに参加するだけ。
・クライアントはすべて自宅方面で、書類はメールや郵送でのやり取り。
という今の勤務体系をつくってくれました。

私自身、会計業界が好きですし、私の事情に合わせて勤務体系をつくってもらえたので、この事務所にお世話になろうと決めて入社しました。

<親と話して通った専門学校で、会計業務の面白さを知った>

私もともと、高校を卒業したら大学にいこうと思っていたんです。
なので、受験をしたんですが、行きたかった大学にすべて落ちてしまって…… じゃ、今後の人生をどうしようかと、親と話をしました。
で、浪人するか専門学校で資格を取るかを考えて、自分は専門学校に行こうと。2年間勉強して、簿記の資格を取得して卒業しようと思って入学して、その専門学校の在学中に一部、税理士試験の勉強もあって、それがすごく面白かったんですよね。それで、先生に相談したら、あと2年の合計4年通って税理士試験を受けることを勧められました。本格的に税理士試験の勉強を始めたのはそこからですね。

結局、卒業時に5科目とも合格して、実務経験を積むために地元の会計事務所に入りました。最初に話をした所長の笘原と一緒の事務所ですね。そこで2年間実務をやって税理士登録して、そこから11年かな?勤務しました。

<家庭と仕事の両立が苦しい>

その間に、私も結婚して子供が生まれて、子育てと会計事務所勤務を両立していたのですが、ちょうど子供が保育園に入ったころに、事務所で同期やアシスタントがどんどんやめていくということがあって……。
私自身も、税理士として仕事をしながら、子供の送り迎えや買い物して、家のこともやって、という中で、心に余裕を失ってしまって、疲れちゃったんでしょうね。徐々に辞めたいなと思うようになっていましたね。

そんなこともあり、子供が小学校になるタイミングで、さっきの話ですね。
独立していた所長から声がかかり、私が働きやすいように勤務体系を整えてくれて、今の事務所で働き始めたんです。

<すごくアットホームな職場で助け合える環境>

私、所長の笘原には本当に感謝していて、在宅で働ける環境をつくってもらったので、家のことと仕事を調整しやすいし、ある程度、自分の時間に合わせて仕事ができるようになっています。それに何より子供の学校行事にも参加できることがうれしいですね。

うちの職場は、あまり出勤しない私から見ても、楽しい職場です。
事務所のメンバーそれぞれに得意分野があって、これはたぶん所長の人柄とか考え方だと思うんですが、お互い補い合っているというか、助け合うっていう意識がありますね。 うん、全員の距離も近いですし、みんな優しい人ばかりだなと感じています。

それと、会計事務所としての仕事のレベルは高いと思います。
所長の知識やスキルが高いからというのもありますが、どんどん人に聞いて勉強して、知識をつけていかないといけないですね。所長も面倒見の良い人なので、とことん付き合ってくれますし、みんなで助け合うという社風も、きっとそういうところからきているんだろうなと思います。

ただ、困るのは、所長が新しいもの好きすぎるんです……。
すぐに新しいツールとかを導入してくるんですけど、システムとかですか?私はちょっと苦手なので、うん、自分だけだったら絶対に使わないような、新しいツールに触れられるので自分の成長につながっています(笑)

<子供が大きくなったらどうしようかな>

これからの目標は、うーん、そうですね。
今はまだ、手のかかる子供がいるので何とも言えないんですが、子供が大きくなったらもっとバリバリ働きたいと思うのか、今のような働き方を続けていきたいと思うのか想像できないですね。でも、仕事を続ける限り、引っ越しでもなければきっとこの職場で働きたいっていうのは変わらない気がします。

<女性が働きやすい職場です>

この事務所に興味をもたれた方にお伝えしたいのは、私のことを例に出すまでもないんですが、本当によい職場です。会計事務所っていうと、棚の中に書類がいっぱいあって、みんな黙々と作業をしているイメージがあるんですが、この事務所は全然そんなことないので。
棚の中に書類はいっぱいあるんですけどね(笑)

所長が人のことを大切にされる方なので、気づかいを感じます。
特に女性に対しては、家庭のことに気を使ってくれますね。
例えば、家庭のことをいつも気にしてくれていて、子供の誕生日は休みなさいと言ってくれたり、個人の事情に合わせて臨機応変に勤務体系を考えてくれます。

そういう意味で、女性が働きやすい職場だと思います。
こんなに女性が働きやすい職場は、他にないんじゃないかと思うので、ぜひ面接で、自分の状況や希望をどんどん伝えてください。

<ある日の一日>

6時半 起床
9時半~12時 クライアントに訪問 月次報告/資料の預かり/雑談や相談
13時~15時 自宅に戻り休憩 預かった書類を事務所に郵送 クライアントの宿題
15時~18時 次に訪問するクライアントの予習 急ぎではない調べものを調べる 決算作業
18時 業務終了

\インスタグラムやっています/

Interview - 03
自分の中で入社するのはこの事務所一択でした

PROFILE

松本 涼MATSUMOTO RYO

この事務所に入社してちょうど2年が経過しました。
もともと僕は、専門的な仕事がしたくて商業高校に通いました。そこで、簿記の勉強などをして、そのまま専門学校に入りました。そのときに会計事務所で働きたいと思うようになって、新卒でこの事務所に入社しました。新卒なので、この事務所が初めての社会人経験です。

会計事務所で働きたいと思ったときに、学校に説明会で来られていたいくつか、5~6社かな?の会計事務所さんから話を聞いたのですが、笘原拓人税理士事務所は所長の人柄だとか、話し方を見て、気が合いそうだと思ったのを覚えています。

その後、進路相談の方とも話をした際に、笘原拓人税理士事務所を熱心に勧められたこともあり面接を受けて入社しました。個人的には、この事務所一択だったのですが、もし落とされたらと思うとビビって、面接はもう1社受けたんですけどね(笑)

<みんなで助け合う雰囲気、所長のイメージが覆されました>

僕は会計事務所というか、社会人経験がこの事務所しかないのですが、毎日をすごく楽しく過ごすことができています。会計事務所って、最初はすごく堅苦しい印象があったんです。なんか、事務所内で会話がないというか、みんな黙々と作業しているイメージで……(苦笑)
そしたら、全然違っていて、分からないことは何でも聞けば教えてもらえますし、みんなで助け合えばいいじゃんって雰囲気というか、そういうのを感じています。

この事務所に入って特にびっくりしたのは、所長が一緒に行動してくれるというか、お客さん訪問でもそうですし、分からないことなどを僕のために一から教えてくれたりして。所長ってもっと偉そうにしていて、雲の上みたいなイメージだったので、これが一番の衝撃かもしれません(笑)

<お客様と話せることが楽しい>

今は30件くらいの担当を持っているんですけど、人生の先輩である経営者さんが、僕みたいに若い人間に対して経営の深い話をしてくださったり、相談してくださるのがうれしいです。すべてにその場で答えられるわけではありませんが、ちゃんと調べてお伝えする中で、自分の力がどんどんついてくるのが分かって楽しいです。
とはいえ、お客様が年配の方の場合は緊張します。会長が70代で社長が50歳くらいだったりすると、こんな若造の話をちゃんと聞いてもらえるかなと…… 実際は、話を聞いてくれないとかはないんですが、僕が勝手に緊張しちゃっています(笑)

あと、自分で想像していた以上に、お客様からの電話が多いですね。
打合せから帰ったら、すごい数の電話が来ていて驚愕することもあります(笑)
電話していたら全然仕事が進んでいなくて、退社時間が20時とかになっちゃう。
特に最近は、今は9月なんですけど、うちの事務所はなぜか7月決算のお客様が多くて、申告書の作成業務が多く、少し退社時間が遅めになっています。

だから、というわけでもないんですが、最近、事務所の近くに引っ越しました。初めての一人暮らしですし、金山は都会で何でもあるので便利です。なにより朝ゆっくりできるのがうれしいですね。

<1年目には感じなかった確定申告時期の忙しさを感じるようになった>

申告といえば、僕は9月入社なので、1年目、2018年度の確定申告時期と、2019年度の確定申告時期を経験したんですが……。会計事務所って確定申告時期が忙しいイメージがあるのですが、最初の年は全然それを感じなかったんです。退社は多少遅くなったけど、こんなもんかなと思ってたんです。

でも、2年目の確定申告時期は死ぬほど忙しくて、ああ、これが世にいう会計事務所の繁忙期なんだと。
今思えば、1年目は自分のスキルが追い付いていなかったから、そんなにできる仕事がなかったから忙しく感じなかっただけで、先輩たちがカバーしてくれていたんですよね。2年目は、少しは先輩たちから仕事を奪えたから忙しさを感じられたんだろうと。となると、今年はもっと奪って、みんなで共有出来たらいいなと思っています。

<事務所に入って確実にコミュ力が上がりました>

事務所に入って2年が経過したんですが、確実に自分の成長を感じています。
社内で話をするときも、お客様に訪問して話をするときも、最初は何も分からなかったし、そんな自分が話すことにも抵抗があったんですが、今はそう感じる機会はほとんどなくなってきています。それは、スキルや知識がついたこともありますし、それ以上に人と話をすることに慣れたり、会話する力もアップしたんだろうなと。
そうそう、今は社内ミーティングのファシリテートを任されるようになったんです。月に一回、ミーティングがあるんですが、その仕切りを全部僕が任されていて、それは僕が任されるだけ成長できたあかしだと思いますし、みんなから信頼されている感じがしてうれしいことです。

<まずは税理士資格の取得>

今の目標は、まずは税理士資格の取得ですね。
今は2科目合格していて、先月試験を受けてきたのでどうなっているか楽しみです。資格を取得して、申告書のレビューっていうんですが、職員さんや後輩が作ってくれた申告書のチェックができるようになりたいです。
やっぱり、税理士の資格を取ることで、僕自身、業務の幅も広がると思っていますし、僕を採用してくれた所長に対する恩返しにもなると思います。
それに何より、それは会計事務所で働くと決めた時からの目標でもありますしね。

<とりあえず見学・面接してみたらいいと思う>

僕の行動指針は、「迷ったら楽しいほうを選ぶ」っていうのがあるんですが、笘原拓人税理士事務所に興味をもって、このサイトを見てくれている人、僕の話を読んでくださっている方には、

「まずは事務所に来て、面接を受けてみないとわからないことも多いので、とりあえず受けてみたらいいんじゃない?」

って思います。極論かもしれませんが、会計事務所の仕事はどこも一緒だと思うので、あとはその事務所の空気が自分に合うか、所長や職員さんたちが自分に合うか合わないかだし、それは行動してみないとわからないことじゃないですか?だから、ぜひ、お越しください。というのが、僕からのメッセージですね。

<ある日の一日>

8時 起床
8時50分~ 出社 掃除
9時~ 朝礼
9時10分~12時 メールチェック お客様との共有チャットワークの確認 LINEの確認・返信 事務作業
12時~ 休憩兼移動
13時~15時半 お客様訪問 月次報告 入力チェック 世間話や相談
16時半 帰社 訪問先の仕事まとめ 事務作業 電話対応 質問対応 月次処理の確認
19時 退社

\インスタグラムやっています/

Interview - 04
全然違う仕事をしながら、いつの間にか会計業務に興味を持つように

PROFILE

田丸 夢TAMARU YUME

今、笘原税理士事務所は会計事務所としては2社目なんですが、この事務所で働き始めてちょうど1年たちました。
私は松山の生まれで、九州の大学で化学を勉強しました。
その後、九州で保険会社に勤めたのですが、結婚を機に愛知県に引っ越ししました。
その後、求人広告の代理店で営業として働いていたのですが、そこは妊娠がきっかけで退職しましたね。
でも、仕事は好きだったので、子供が1歳になる前に働きたい意欲がわいてきて、地元の大きな会計事務所で勤務することになりました。

理系→保険営業→求人広告営業から会計事務所って聞くと、「え!?」って思われるかもしれません。でも、もともと理系ということもあるのかもしれませんが、求人広告の会社で営業をしていたときに、求人広告は投資と結果の関係が不確定すぎると思ったんです。お客様は期待をされて広告を出稿するのですが、それが良い結果になることばかりではありませんし、良い結果になったとしても、悪い結果のときと何が違うのかを明確に定義づけられないというか。

そうしたときに、会計業務だったら過程と結果がもっと明確そうだなと思ったことがあって、そんな感じで前の会計事務所に就職しました。

<やってみたかった会計業務。でも……>

それで晴れて、前の会計事務所に入社したんのですが、そこではスタッフさん同士の仲があまり良くなくて……。仲が良くないというと変なのですが、インセンティブ制の事務所だったこともあり、あまり社内で教えあうみたいな空気がなかったんです。
そこでは相続税法を中心に勤務しながら、税理士試験を1科目だけ合格したのですが、もっと勉強したいという気持ちが日に日に大きくなっていって……。
そうした中で、事務所から人がどんどん辞めていく時期があって、また、私も2人目を妊娠したこともあり退職しました。

<今の事務所でも相続を専門にやってきた。でもこれからは>

それから子育てしながら自分でも勉強して試験を受けて、今は4科目合格しています。で、先月に試験を受けたので、あと1科目受かっているといいなと。

この事務所に入社したのは、人材紹介会社さんからお勧めされてですね。
それで面接を受けさせていただき、採用通知をいただきましたので2019年の8月から働いています。

私が、まだ子供が小さいのと、試験勉強があるということで、この1年間は週3日出勤して、あとは在宅で仕事をしていました。最初は、こんな勤務体系があるんだと思って驚きましたし、柔軟に対応していただいた所長には感謝しています。
いまもまだ16時に退社していますが、もうすぐフルタイムで働くようになる予定です。

私の場合、前の事務所でも相続税法をやっていたこともあり、この1年間は相続の案件をメインに携わってきました。自分がそればかりやっていることもありますが、相続はすごく面白いなと思っています。
ただ、会計事務所ではずっと相続ばかりやってきたことと、フルタイムで働くようになることもあって、今までとは少し違う分野もやってみたいなという思いもでてきました。具体的には法人の担当ですね。今後、相続をやっていくためにも、経営者の方だと事業承継税制の知識が欠かせません。それで、その両方に精通していれば、お客様のためにもなりますし、事務所にも恩返しできるんじゃないかなと思っています。

保険会社や広告理店と違って、会計事務所は覚えることが多いのですが、勉強すればするほど自分の身になる気がしています。

<効率的で輪がある事務所>

この笘原拓人税理士事務所は、無駄がない事務所だと思います。
業務に対して効率化・マニュアル化ができているという意味では、教育体制がしっかりしているので、アシスタントさんがすごくしっかりしています。

申告書とか、年末調整の時期も、時間をかけて出社するよりも、家でやったほうが早くできるならそれでもいいよといっていただけたり、分からないことみんなで一緒に考える風土があったりして、とにかく無駄がないですね。
それは、変な人間関係とかがなく、所内全員の仲が良いからだと思います。

そう、その仲が良いことに関しては、エピソードがあって、私が初日に出勤したときに、みんながあいさつしてくださったんです。「おはようございます。」とか、「これからよろしくお願いします。」とか。
他から見たら当たり前なのかもしれませんが、前の事務所はそういう空気感じゃなかったので、こんな会計事務所もあるんだとびっくりしました。

あとは、とにかく所長が気を使ってくれます。
誕生日にケーキが出てきたり、全体ミーティングのときに、みんなで食事に行ったり、祝日に出勤していると、所長がごちそうしてくださったり……

分からないことを聞くのは当然なんですが、こちらが分からないことがあると、私から聞く前に、所長が声をかけてくれて教えてくれたりします。
そういうところが素直にすごいと思いますし、すごく気を配ってくれているんだなという気持ちになります。そういえば、所長も外部の人にすぐに聞く姿勢を持たれていますね。

あとは、事務所がちょっと広くなれば言うことないですね(笑)

<まずは応募してみるのが一番。仲間として働けたら嬉しい>

とにかくこの事務所は仲の良い事務所です。
人の仕事は知らない、分からないじゃなくて、みんなで助け合って、教え合って、そうやって協力しようという空気を感じられる事務所だと思います。

それと、試験勉強を重視して大切にしてくれる事務所なので、思う存分勉強することができることと、やっぱり担当の持ち方も直行直帰できるようにとか、個人の事情に合わせて勤務体制も気を使って考えてもらえる事務所だなと感じますね。

こればかりは、私がどうこう言うよりも、実際に応募されて面接されたり、所長やスタッフの方々と話をされるほうが分かりやすいと思います。

興味がある方は、まずは応募されて面接してみられるのが一番だと思います。
私たちと仲間として、一緒に働けたならうれしく思います。

<ある日の一日>

4時 起床 身支度 家事 夕飯の準備
5時半~ 朝ごはん
6時~ 子供を起こす 子供たちの朝食
7時半 下の子を保育園に送る
7時55分 上の子を小学校に見送り
8時~ 移動
9時 出社 掃除 朝礼
9時10分~ 他の担当の株価評価
13時~ 申告書の作成
16時 退社

\インスタグラムやっています/
看板女性

お電話での
お問い合わせはこちら

0522658902

営業時間 09:00~18:00

ロゴ

笘原拓人税理士事務所

© 2018 笘原拓人税理士事務所
ロゴ

笘原拓人税理士事務所

© 2018 笘原拓人税理士事務所